◆占術考◆

命・卜・相(めい・ぼく・そう)

 占いの分野は、大きく三つに分かれます。
 第一は、生年月日を基準とする「命(めい」。西洋占星術や九星気学などです。
 第二は、「卜(ぼく)」。易やタロットなどです。
 第三は、「相(そう」。手相や人相、印相などです。

 それぞれには、それぞれなりの長所や短所がありますが、お互いに補ってこそ、より有意義な鑑定が出来るというものです。
 生年月日だけを判断の基準としてしまえば、同じ生年月日を持つ複数の人についての鑑定に支障が出ますし、手相や人相は、遺伝や生活環境などによっても狂いが出る時もあります。
 又、タロットカードや筮竹だけに頼ってしまえば、「日」の善し悪しや月の満ち欠け、占者の集中度合いや体調によっても結果が異なってしまいます。

すから、手相占者は易や気学を学ぶ事をしますし、気学占者は人相や易を学びます。又、タロット占術者は西洋占星術を必ずといっていいほど取り入れており、惑星の運行と導かれたカードを照らし合わせながら占断します。

呈館では、「九星気学」「占星術」「四柱推命」を基本としますが、タロットカードの啓示も参考にしています。

かし、最も大切にしている事は「どのようにしてゆけば運が向いてゆくのだろうか」という開運法を模索し、鑑定依頼者の方に対しアドバイスしていく事です。

術は、今の運気の善し悪しや今後の運気の傾向を教えてくれますが、先が読めるだけでは何も解決しません。「今後の自分はどうなるだろう?」という考えだけでの占術依頼では現状が好転するわけではありませんので、「どういう姿勢を持ったら良いだろう?」という考えを持って占術依頼をする方がより運気が開かれ、良きヒントとなるものです。

の自分は思うようにいかない事が多く、不運なのはなぜだろうか?という疑問に対する答えだけを求めるのではなく、今後の気持ちの持ち方や具体的に行うべき方策を見出そうとする姿勢が大切になるという事です。そして、今後の気持ちの持ち方や具体的に行うべき方策を見出す為には、現在の疑問を解き明かしていかなくてはならない訳で、「現在の原因」と「今後の対策」の両方が必要になるという事です。

のような強運を持った人でも未来への不安や悩みは尽きないものです。今、お持ちの不安や悩みにはどのような原因があり、どうすれば良いかというヒントが逢呈館の占術により導かれるかもしれません。一人で悩まずにご相談下さい。不安や悩みを癒す為にはどうすれば良いのか、何が足りないのか、そして、お客様にとってどのような言葉が必要なのかを誠心誠意、模索致します。

詳しい御相談は有料鑑定をご利用ください。

HOME