九星気学という占術は、守備範囲の広さが特徴です。 性格運勢、家相や方位などさまざまなことをカバーできる占術です。そして、「動の占い」といわれるほど、運をよくする理論があります。
 良い方位に引っ越して開運につなげるとか、良い方位から水を貰ってくる(お水取り)、家相を良くして開運につなげる・・・などといった具合にです。実際によくなっていくので、不思議です。
 それも、漠然と「良くなりますよ・・・」ということではなくて、「○○運についてよくなる」とある程度断定できるので納得出来ます。 家がほしいと思ったときは北東が吉になったときにそこに移転や旅行をする、、、  子供がほしいときは北や南西、北東に向かって同じようなことをする、、などしますと、それが現実になるので不思議です。

 もともとは易理を基本にしていて、八卦が基本概念になっています。昭和の初め頃、高島さんという方がその論理を確立したので、今でも「高島○○」という占い師が多いのが特徴的です。

 一見シンプルな占術なのですが、それゆえ、応用のきく便利な占術です。実地の経験、実験なども裏づけとして大事になりますので、日々、実験的な姿勢で取り組んでいきたいです。