◆家相2◆

相には、「神の座」「天の座」「主人の座」といって、家長の運気をつかさどる方位、場所があります。
その一つは、「北西45度」、もう一つは「家の中心点付近」です。これらの場所が弱いと、家長の健康面であったり、仕事面に凶作用が生じます。


の図は、いずれも北西に凶意のある家相です。

は、中心の凶です。家の中心に階段があったり、吹き抜けがあったり、玄関ホールがある場合は、家の中心点(主人の座)に大きな穴が空いたように空洞になります。この場合は家長の運気が著しく低下し、その家に住む年長の男性に悪影響があります。健康面や仕事面。
西が天の座であるならば、地の座は南西です。母の座ともいわれますので、南西45度に玄関や欠け、階段、トイレ、車庫などがある場合はその家の女性、主婦、母に悪影響が及ぼされやすく、特に婦人科系の病を呼びやすくなります。

方位・家相の目次へ