■いじめ■

 もし、いじめにあったときにどうするか?
        
 その人の生まれ気質によって対策があります。
 人間関係がうまく行きにくい、知らず知らずに人を遠ざける星を持つ、知らずに人から恨みを買う、軽率な言動で人を傷つけやすい、、、、生まれ持った星・運にそういった事柄を知ることが出来ます。それをヒントにして対策を立てるとよいです。

 例えば、単純に人から攻撃されやすい運を持った人がいたとすれば、生まれ気質を見て得意なことを特定し、それを誰よりも磨いて自信をつけることが有効です。特にスポーツや格闘技で有無を言わせない「強さ」を身につけるなど。
 人の心に無関心になりがちな星をもったならば、常に相手がどう考えるかを想像する訓練をつむなどが有効です。
 せっかちな星を持っている人は言動の前に一呼吸おく、、、あら捜しや批判を意味する星をもったならば、必ず、人や物に対するよいところを見つめ、日頃から批判しないように心がける・・

 こういった、生まれの気質を加味して行くことが有効です。つまり、「己を知ること」が対策となります。
        
 いじめにあうと、往々にして「居場所がなくなる」傾向となります。職場でのいじめの場合、仕事を与えられないとか、隔離された部署に追いやられる、周囲から無視されるなど・・・。 居場所確保は家相学を使います。 その人の生まれ星によって、重要となる方位があります。例えば、二黒土星の人は南西、四緑木星の人は南東といった具合にです。  立場にも関係があります。家長ならば北西、次女ならば南、娯楽産業や飲食業に従事するならば西、医療福祉ならば北といった具合にです。
 ご自分が住んでいる家を見て、ご自分に関係する方位が凶だと、「居場所がなくなる」運が生じます。それは、職場でも学校でも、家でもです。どこに行っても落ち着かない・安らげない・認められない・・といった具合です。

 それが判明したならば、そこを強化して自分の運を高め、周囲から認められるようにしていく方法があります。
        
 いじめに合う人は、周囲に原因があるのではなく、本人に理由があると思われるケースも多いです。だから、「どこに行っても同じ・・」そう思われがちですが、決してそうではありません。  
 思い切って、別の世界に動いていくこともよいです。転職、転校、引越しです。吉方位に向かってそれを行うと、意外に情況が好転します。

 方位学を使って運を良くする、環境をよくしていく・・・という方法です。
        
 上のような努力を併用しつつ、更に、別の視点でヒントを導きます。タロットカードを使い、予想もつかないヒントを導くことも出来ます。
        

 誰にでも、長い人生の中で一度や二度、迫害される、いじめのような立場に立たされる、「総スカン」を喰うなどがあると思います。そういったときに、どんな原因や理由があるのか? どういうアプローチで改善していけばよいのか?    これらが見出せる・何かのヒントが導かれますので、悩んだときには是非、ご相談ください。有料鑑定 まで。

HOME