◆自動車◆

自動車を購入する場合も方位を見ていった方が良くなります。自動車の購入の場合は、移転に比べれば吉凶方位による影響はそれほど大きくはありませんが、しかし、移転と同じように年単位の吉方位に月単位の吉方位を合わせて考えていき、それらがいずれも吉ですと、その方位とそのときに巡っている星に関係のあることで吉現象が生じます。

年単位と月単位、両方が吉になる方位・重なるというのは、「○○年の場合は、○○月か○○月 」といった具合になりますので、選択の幅は狭められます。そのため、余裕を持った購入計画を立てていくことが重要です。(方位を見るときは、契約でなくて納車の時期を見ます。) 又、吉凶方位による影響は、自動車に限るわけではありません。凶方位から買い入れるとその車で事故などにあい、吉方位から買うとその車に関する良いことが生ずるというわけでもありません。

その時期、その方位に巡った星に関係することが生じます。例えば、平成14年3月は西が暗剣殺の凶方位になっていますが、九紫火星が巡っています。この時期に西から買い入れますと西と九紫火星に関する凶が生じます。西は、金銭・異性・レジャー・飲食・ギャンブル・恋愛・達成・到達などを意味しますので、これらに関係する凶が生じます。九紫火星は離別・盗難・紛失・損失・支出・不名誉・訴訟・警察などの意味がありますのでこれらのマイナスが生じます。

逆に、吉方位から自動車を買い入れれば、その方位とその時期に巡っている星に関係する吉に遭遇します。吉方位から自動車を買い入れたことによって、良い恋愛に遭遇したり、子宝に恵まれた人もおいでです。 大金を叩いての購入ですから、それをもって開運につなげて下さい。

これらに関して具体的に・詳しくお知りになりたい場合は、ご本人の生まれをもとに算出・鑑定致しますので、ご興味のある方は有料鑑定をご利用下さい。

HOME