◆病気◆

ある程度の年齢になれば、誰でも病苦は避けにくいものです。そこで、病気を未然に防いだり、最小限にとどめる方法を考えていきます。

まず第一に生まれ星を見てどのような病気に注意したら良いかをあらかじめ知り、それを十分にわきまえながら日々の生活を送ることが大切です。つまり、生まれ星を見てかかりやすい病気を知るという方法です。

いろいろな占術でそれを知ることが出来ます。特に九星気学が有効のようですが、例えば、一白水星の生まれの人は、泌尿器や下半身、血液、鬱、ストレス、腎臓などに注意したい傾向がありますし、占星術でいうと牡羊座に意味を持つ人は頭や顔に注意したり、四柱推命では丙や丁、巳、午の多い人は頭や心臓に注意したりです。

もう一つは、病気になりやすい時期を特定していきます。全般的な運気(全体運)が低迷する時期や具体的に病気や事故に関する星が巡る時期を算出して、その時期は特に注意するなどです。

日々の生活態度や健康診断などの病気に関することに注意するのはもちろんですが、その時期に向かないことを避けるなども大切です。例外はありますが、運気が低下している時に新増改築、長期旅行、開業などの大きな行為は適さなくなります。特に、凶方位をとってしまったり、家相学的に問題のある家を建てたりが特に悪い結果となります。

これらに関して具体的に・詳しくお知りになりたい場合は、ご本人の生まれをもとに算出・鑑定致しますので、ご興味のある方は有料鑑定をご利用下さい。

HOME