2007年の運勢

□一白水星
 出会いと縁の年。
 人間関係と情報を「広く浅く」広げて吉。
 引越しや転職、旅行などの「移動」もよい。
 信頼を集めるチャンスなので、立ち居振る舞いに気を配ること。
 何事も中途半端で気迷い傾向故、初志貫徹を。
 娯楽や快楽が行き過ぎ、恋愛での苦労も多い傾向あるが、それも、優柔不断が拍車をかける。きっぱりとした自制心によって安泰。


□二黒土星
 キーパーソンを自覚して吉。
 周りを引っ張り、支配力を発揮すべき。
 一対多数の関係を大事に。周りから「とやかく」言われやすいが逃げないこと。
 中止とキャンセルを想定す。
 何事も板ばさみ傾向だが、「中心」をはずさないこと。
 仕事や恋愛で板ばさみ・三角関係傾向になるので、何かに偏らず、うまくバランスをとって中心を保つ・パイプ係りに徹するなどがよい。

□三碧木星
 忙しい。
 仕事運・地位運が強い年。発展、向上、独立。自分に厳しくして吉。
 遊びは来年まで我慢。人に任せず全体を把握すべき。
 孤独感と離別傾向あるので、人の好き嫌いを激しくしないこと。争い・訴訟に注意。
 独善的・独断的になり孤立しがちで批判を頂戴する傾向があり、その時に怒りを覚えやすい。怒りと短気、闘争は必ずよくない結果を呼ぶので、平和的な解決・平和的な思考を常に大事に。自分に厳しく人に優しく!

□四緑木星
 成果と達成、収穫の吉年。
 何事も締めくくらせ、ゴールさせること。
 潮時・区切りを念頭に。
 恋愛、娯楽、飲食に喜びを感じる。
 人に言えない秘密を抱えないように。
 吉年なのにどこか悲観的傾向。くよくよしない。
 昨年の忙しさによる、疲れがたまっている。手を引けることがあったらそうして、健康に気をつけること。休息を。

□五黄土星
 変革と仲介、掛け持ちの年。
 中立を大事に、ひとつの事に集中しないのがよい。人と人・物と物の「パイプ役」に徹して○。
 家庭面・家族を大切に、特に母親。
 変化傾向故、安定を心がけるべき。規則正しい生活や平和的な思考など。
 貯蓄、相続、不動産運あるので、投資などもよい。
 親戚関係や相続関係に遭遇する運もある。

□六白金星
 目立つ。
 人気と脚光を浴びる年。アピールを。
 理論よりも直感や感覚を大事に。「美」からのインスピレーションを。
 軽率、焦り、せっかちでチャンスを逸す傾向故、急がないこと。
 争いと離別に注意、特に年下男性。但し、悪縁は離別の好機。
 スピード感があり、派手な年になるがその感覚が難しい。焦ると争いや分離離別、熟考はチャンスを逸する。直感を大事に。

□七赤金星
 勉強と経験の年。
 収集と蓄積を大事に。アピールより内部拡充、拡散よりも集束、アウトドアよりインドア。
 読書や研究が効果的。
 男女間が進展しやすいが秘密もありえる。
 八方美人や優柔不断傾向故、流されないこと。
 出会いはマイナスを呼ぶ傾向があるので、初めて出会った人を信用しすぎないこと。
 外出や旅行も吉に出にくいので、短距離・短日数に留める。

□八白土星
 脱出前夜の年。
 しかし、焦りは禁物。暖めてきた計画を発散できるチャンスが芽生え始めるが、まだ、人や社会に尽くして機を待つべき。
 過去に引きずられ、物事に挟まれるが、人に優しく、家族に優しくしてやがて走り出す。
 後半になるほど上り調子。
 ストレスが多く、人を助ける場面に遭遇するが、次は自分が活躍する番だと思って我慢すること。「最後のご奉公」

□九紫火星
 スタート、現れる年。
 新規にチャンスがある故、積極的に。
 露見の危険もあるので、秘密は前倒しで清算を。
 偏屈で気難しい人との縁が生じたならば、シンプルで素直に対応して○。
 地位や権力よりも新入生の気持ちになってこそ。
 独断専行・勇み足など、エネルギーが爆発する時期だが、急ぎすぎて孤立しやすい傾向もあるので、周りとの調和やチームワークも大切にしたい。顰蹙(ひんしゅく)を買わないように。